保険の相談窓口の相談スタイルごとのメリット・デメリットについて解説!

公開日:2022/07/27   最終更新日:2022/11/01

保険の加入や見直しで、力になってくれるのが保険の相談窓口です。通常の代理店との違いは一社だけでなく、複数の会社の保険商品の中から、ニーズにあったものを選ぶ手伝いをしてくれるところでしょう。そしてあるのが来店型・訪問型・オンライン型という3つの相談スタイル、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

来店型保険相談窓口の特徴

ショッピングセンターやビルの一室などにショップを構えて、お客さんを待っているのが来店型です。Web上で西尾市保険相談と検索すると、いくつか候補が出てくるため、お近くにあるところをたずねてみてください。

ただし小規模なショップが多く、専門スタッフが外出しているケースもあるため、来店前に予約を入れたほうが無難でしょう。

メリット

利用しやすい工夫がされていることが、来店型のメリットです。ショッピングセンターの中にあるなら、買物ついでに立ち寄ることができる、独立型の店舗なら、子どもが遊べるスペースがあり話に集中できるなど、それぞれのショップが利用しやすいよう、工夫をこらしているものです。

もちろん何度訪ねても無料で利用できるうえ、予約をしたほうが無難とはいえ、ご自身の都合を優先することもできます。

デメリット

何度も足を運ぶ必要があるかもしれないので、少し面倒なのがデメリットです。たとえば保険の見直しなら話を聞く・加入中の保険証券など資料を用意する・ショップから資料を持ち帰り検討する・契約するというステップを踏むのが一般的、合計で4回はショップに足を運ばなくてはなりません。

訪問型保険相談窓口の特徴

ショップを構えているような相談窓口が、必要に応じてスタッフを派遣してくれるスタイルが訪問型です。近くに適当なショップが見つからないなら、Web上で“西尾市保険窓口訪問”で検索してみてください。訪問型のショップを見つけることができるでしょう。

メリット

時間の節約ができることが、訪問型のメリットです。何かのついでとはいえ、ショップまで訪ねていくのは時間がかかるものですが、訪問型を利用することでかかる時間を最小限にできるでしょう。また保険証券などの資料はたいてい家にあるものなので、必要になったらその場で用意することもできます。

デメリット

何となく気兼ねしてしまうのが訪問型のデメリット。「せっかく来てもらったのだから」と気乗りしないまま契約してしまい、後から後悔してしまうというのはありそうな話です。また「家まで知られてしまうのは……」と抵抗を感じる方も多いはず。保険というプライベートな相談を、自宅というプライベートすぎる空間で進めるのは難しいという方もいるでしょう。

オンライン型保険相談窓口の特徴

スマートフォンやPCなどインターネットに接続できる環境が整っているなら、オンラインで相談するのもよい方法です。

西尾市保険窓口オンラインで検索すると、西尾市でオンラインでの相談が可能な保険窓口を見つけることができます。「契約くらいは担当者と顔を合わせ行いたい」という方は、オンライン相談でも西尾市にショップを構えているところを選びましょう。

メリット

自宅に上げる必要がないのがオンライン型のよいところです。訪問型のデメリットがないうえに、訪問型と同様のメリットをほぼ持っています。訪問型では来てくれそうもない、交通の便が悪いエリアにお住まいでも、オンライン型ならまったく問題はありません。直接顔を合わせて話をするのが苦手という方にとっても、利用したくなるスタイルです。

デメリット

オンラインに抵抗がある方にとっては、利用が難しいスタイルです。自宅などでオンライン環境を整えるには、ある程度のWebの知識は必要になるうえ、オンラインならではの違和感が苦手な方には、あまりおすすめできないスタイルです。

保険の相談窓口の上手な活用方法

保険に関することだけでなく、あわせて家計全般の相談もしてしまいましょう。人生でもっとも高額な買い物といえば家ですが、2番目に高額とされているのが保険、加入や見直しで使えるお金が大きく変化するのです。

数多くある保険商品から最適なものを選ぶことは、現在だけでなく未来の生活を左右することでしょう。専門スタッフの中にはファイナンシャルプランナーの資格を持っている方もいるでしょうから、家計の相談をしたい旨を伝えてみましょう。

まとめ

「毎月かなりの掛け金が出ていく一方で、あまりメリットが感じられない」そんな場合は、ぜひ保険の相談窓口を利用してください。今なら利用できるスタイルは、来店・訪問・オンラインの3つ。ご自身の都合にあわせて選ぶことができます。保険に加入することで大きな安心が得られるでしょうし、見直しでは家計に余裕が生まれるはず。まずは現在加入している保険を知るために、証券を探すところから始めましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

心療内科への通院歴があると、生命保険に加入しにくいと聞いたことがある人もいるでしょう。高血圧や持病と同様、精神疾患も保険会社の審査が厳しくなる要因のひとつです。ただし、心療内科への通院歴があ

続きを読む

2019年に、法人生命保険に対して「30万円特例」が適用されるようになりました。法人生命保険と30万円特例によって、会社や従業員に対する保障や福利厚生を手厚くできますが、特例の適応条件が複雑

続きを読む

医療保険・がん保険などの加入や見直しを検討するなかで、先進医療保障という言葉を耳にすることがあるでしょう。先進医療保障について漠然とイメージできる人でも、明確なイメージは持てないかもしれませ

続きを読む

保険金は一括で受け取る以外にも、受け取る方法があります。保険金のすえ置き制度もそのひとつです。すえ置き保険金を活用することで、さまざまなメリットを得られます。ここでは、すえ置き保険金について

続きを読む

就業保険は数ある保険のなかで、仕事ができなくなった時に役立つものです。それにもかかわらず意外と知らない人が多く、将来経済的不安に陥ったときに活用できずに後悔するというケースもあります。そこで

続きを読む

大雨が原因で生じる洪水、土砂災害、高潮、津波などによる被害を補償するための保険を水害保険といいます。水害保険に加入することで、自身や家族、ビジネスの財産を水害から守り、被害からの迅速な回復が

続きを読む

主婦・主夫に保険は不要と思っている方も少なくありません。しかし、主婦・主夫にもリスクがあることも事実であり、回避するためには保険が重要です。そこでこの記事では、主婦・主夫はどのような保険に加

続きを読む

共済と保険のどちらに加入しようか悩んでいる方も多いでしょう。共済と保険には違いもあり、掛け金や補償内容も異なる場合があります。今回は、共済と保険を比較しつつ違いを解説し、共済のメリット・デメ

続きを読む

  国民病ともいわれているのがうつ病であり、現在も多くの方を苦しめています。新型コロナウイルスの感染拡大で、さらにうつ病の割合は増えたといわれています。治療期間が長くなることでも知

続きを読む

保険の説明において、「返戻率」という言葉を聞くことが多いかと思います。しかし、保険を選ぶ際にはきちんと理解しておく必要があります。今回は、返戻率そのものの意味だけでなく、基本的な考え方や比較

続きを読む