保険の相談窓口を利用するまでの流れを事前にチェック!

公開日:2022/11/01   最終更新日:2022/11/18

無料で保険の相談ができる保険の相談窓口ですが、いきなり相談に行ったり担当者に自宅まで来てもらったりするよりも、事前に準備をしておくことで相談がスムーズに進みます。保険の相談窓口を利用する際は何が必要なのか、なにを持って行くべきなのかなど事前の準備について解説、保険の相談窓口の利用の流れについても説明しましょう。

保険の相談窓口を利用する際に持っていくべきもの

保険の相談といっても、その保険の種類や見直しなのか契約なのかにもより、持って行くものが違ってきます。保険の見直しの場合と、契約する場合とに分けて説明します。

保険を見直す場合に用意するもの

保険の見直しを考えている場合、どんな保険でも保険証書は絶対に必要です。また、保険証書のほかに老後資金なら「ねんきん定期便」、火災保険なら「登記簿謄本」「建築確認済証」「性能評価表」も用意しましょう。自動車保険の見直しなら「車検証」と「免許証」も必要です。

保険を契約する場合に用意するもの

保険の相談窓口で提案を受け、保険の契約に進んだ場合に必要になるものです。運転免許証や保険証、マイナンバーカードといった身分証明書、保険料を引き落とす金融機関の口座、口座に登録されている印鑑、契約時に押印する印鑑も必要です。また、告知が必要な場合は健康診断書も必要になります。

保険の相談窓口を利用する前にするべき準備

必要な持ちものをそろえるほかに、準備しておくべきこともあるので説明します。

保険の加入や見直しについて目的を再確認

新たに保険に加入する、あるいは加入している保険を見直したいのは、どのような目的があるのかを再確認しておきましょう。なんとなく加入しておけば安心、見直すとよさそうだからなど、しっかりした目的がないまま相談しても、保険の相談窓口の担当者もアドバイスが難しくなってしまいます。目的ははっきりしていないけれど保険についての悩みはある、そのような場合は何について悩んでいるのかをまとめ、担当者に伝えるようにしてください。

ある程度予算を決めておく

どんなに魅力的な保険でも、自分が支払っていけないような保険料なら加入することはできません。月々どのくらいなら支払い可能なのか把握しておくことが重要で、さらにいざというときに備えていくらくらいの保険料が必要なのかも把握しておきましょう。

あれば保険のパンフレットも持参する

あらかじめ目星をつけていた保険商品があれば、その商品のパンフレットを持参することで、相談もスムーズに進むものです。パンフレットを提示するだけでなく、自分で疑問点や気になった部分をチェックしマークしておくことで、担当者がアドバイスしやすくなります。

思い描いているライフプランも伝える

保険は取りあえず加入しておけば安心だと思いがちですが、どのような保険商品を選ぶかで今度のライフプランに影響することもあります。まず将来のライフイベントについて考え、どのような家庭を築きたいのかなどプランを担当者に伝えます。絶対こうなる、こうしたいというのではなく、あくまでも理想で充分なのですが、そのような理想を伝えることでどのくらい備えればよいのか目安が分かるようになります。

分からないことを放置せずなんでも聞いてみる

「すすめられたからこれでいい、でもよくわかっていない」そのような選び方では将来後悔することになりかねません。保険の相談窓口で相談する場合、時間が決められているから思うように相談できないと感じることもあるでしょう。

しかし、分からないことをそのままにせず、担当者に相談したり質問したりすることは大切です。保険の相談窓口で相談するときは、時間に余裕があるときを選び、落ち着いて相談できる場所を選ぶようにしてください。

保険の相談窓口を利用するまでの実際の流れ

保険の相談窓口を利用するまでの、実際の流れについて説明します。

1.保険相談の予約をする

保険の相談窓口で相談するには、事前の予約が必要になります。相談場所は選ぶこともでき、自分が窓口に出向くほか、自宅や職場などに訪問してもらったり、オンラインで相談したりすることも可能です。すべての保険能相談窓口が複数の相談方法を設定しているとは限らないため、確認することが必要でしょう。

予約は電話のほか、インターネットでも可能な店舗があります。また、予約が不要の店舗もあるため、予定が組みにくいという人はそのような店舗が身近にあるかチェックしてみてください。

2.ヒアリング

予約した日時に店舗に出向き、まずヒアリングを行います。ヒアリングではどのような保険に加入したいのか、あるいは見直しを希望しているのかを伝えたり、保険についてどの程度の知識があるのかを把握するため担当者からいくつか質問があったりします。

ヒアリングの後、ライフプランニングの設定も行いますが、加入者のライフイベントの考え方・設計などを参考にして担当者が設計します。ライフプランニングは難しそうだと思うかもしれませんが、保険の相談窓口の多くでは用意されたフォーマットのシートに指示通りに記入していくだけなので安心してください。

3.商品の比較と検討

ヒアリング、ライフプランニングの設定の後、実際に保険商品を選びます。比較・検討できるように、保険の相談窓口の担当者が複数の保険を提案してくれます。担当者がしつこく加入をすすめるようなことはないので、安心してじっくりと比較・検討できるでしょう。

4.保険の契約

提案を受けて検討し、納得できた保険商品を契約します。相談した際に決めることができなくても、再度相談することも可能なのでそのときまでに検討しても大丈夫です。契約を持ち越す場合、次回の相談予約を取ってください。

まとめ

保険の相談窓口を利用する際は、保険証書や身分証明書、印鑑など持って行くべき必要なものがあるのでしっかりとそろえておくようにしましょう。また、相談がスムーズに進行するように、持ちもの以外でも準備しておくことがあるので注意してください。担当者は保険のプロのため、分からないことがあったらそのままにせずちゃんと質問・相談し、自分にぴったりの将来に備えられる保険商品を選びましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

保険の相談をする際に力になってくれる保険の相談窓口。相談したいことがあるけれど、店舗に出向くのが面倒で保険の検討を後回しにしている方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、この記事では

続きを読む

保険の新規加入や見直しをしたいと思っていても、店舗まで行く時間が取れない、そんなときはチャットでの保険相談がおすすめです。しかし、チャットで保険相談なんて内容が内容だけに不安だという人もいる

続きを読む

保険は種類が多く、保険ごとに必要書類が異なるなど分からないことだらけです。加入手続きやプランを考えるときは保険の相談窓口を利用するものであり、そのときはどんな書類が必要になるのでしょうか。当

続きを読む

保険加入を検討する際は、保険の相談窓口を利用するという方は多くいます。保険の相談窓口にはどのようなメリットがあるのでしょうか。また複数の相談窓口がある場合はどのようにして選べばよいのでしょう

続きを読む

なんとなく掛けてはいるけれど、その保険が自分にあっているのか分からない、保険の選び方がよく分からない、そんな悩みをかかえている人も多いのではないでしょうか。保険の加入や見直しを検討する際に、

続きを読む

無料で保険の相談ができる保険の相談窓口ですが、いきなり相談に行ったり担当者に自宅まで来てもらったりするよりも、事前に準備をしておくことで相談がスムーズに進みます。保険の相談窓口を利用する際は

続きを読む

保険の新規加入や見直しを検討している際に、多くの方が活用しているのが保険の窓口です。ただ保険の窓口によって、対応してくれるスタッフも異なります。選び方を誤ってしまうと、自身にマッチした保険を

続きを読む

近年では、日本人の2人に1人はがんになるといわれており、死因の第一位にもなっている病気です。決して他人事とはいえない病気のため、万が一に備えてがん保険の加入を検討している方も多いのではないで

続きを読む

最近では相談や手続きがオンラインで完了するようになっており、保険の相談もオンラインで受け付けるケースが増えています。とはいえ、パソコンをあまり使わない、どのようなデメリットがあるのかわからな

続きを読む

住宅の下に備える保険なのが地震保険です。地震大国と呼ばれる日本で安心して生活していくには欠かせない保険の一つであり、近年、大きな注目を集めています。そこで当記事では地震保険の主なメリット、お

続きを読む