保険の相談窓口の利用がおすすめの人の特徴について解説!

公開日:2022/10/01   最終更新日:2022/11/01

保険の見直しや加入で悩んでいる人は、保険の相談窓口を活用しましょう。保険の専門家であるファイナンシャルプランナーに相談でき、自分にマッチした保険を提案してくれるからです。そもそも保険は補償範囲や特約など複雑であり、素人で理解するのは難しいです。当記事では、保険の相談窓口の利用がおすすめの人の特徴を中心に解説します。

保険の相談窓口の特徴

保険の相談窓口では保険のプロに相談できたりアドバイスを受けたりできます。近年では相談方法も多様化しており、店舗型・訪問型・オンライン型の3種類があるのです。

店舗型

駅ビルやショッピングモールなどの商業施設に店舗を構えており、ショッピングついでに立ち寄って相談を受けるのも可能です。中には授乳スペースやキッズルームを設置しているところも少なくありません。場所によっては駐車場もあるため、訪問しやすいといったメリットもあります。

訪問型

小さな子どもが居て外出が難しい方、近場に保険の相談窓口がない方におすすめなのが訪問型です。自宅まで相談員がきて対応してくれたり、ファミリーレストランや喫茶店で相談を受けられたりします。

オンライン型

新型コロナウイルスの蔓延もあって、近年増えているのがオンライン型です。ネットに接続されたパソコンやスマートフォンなどを活用し、ビデオ通話などで相談を受ける形式です。資料などを画面で確認しながら相談できるのもオンライン型のメリットの一つ。

「特別なアプリのインストールが必要なのでは?」と思う方もいますが、不要な場合も多いです。ただオンライン型の保険相談には、各店舗に特色があるので事前に確認したうえで相談に臨んでください。

保険の相談窓口の利用がおすすめの人の特徴

保険の相談窓口の利用を悩んでいる方も多いでしょう。ここでは、利用がおすすめの人の特徴を明らかにします。自身が当てはまるか考えながら読んでみてください。

家族が増えた

子どもが生まれると、新しい保障が必要です。子育てには一定の費用もかかり、いずれかかる教育費も考えなければなりません。とくに夫婦共働きではなく夫だけが仕事をしていると、夫に万が一のことがあれば生活が立ち行かなくなることも考えられます。いざというときにも対応できるよう、生命保険への加入も相談してみてはいかがでしょうか。

ただ生命保険は複雑なものも多く、素人が勝手に決めて申し込んで失敗する事例も少なくありません。保険の相談窓口で家庭環境などを明確に伝え、今後の生活の希望なども踏まえ適切な提案を受けるのがおすすめです。

結婚した

結婚を機に保険を見直すのがおすすめです。しかし結婚したからといって保険のどこをどう変えたらよいのか分からないのではありませんか。そこで役立つのが、ファイナンシャルプランナーです。結婚をすれば生活力が上がることが多いため、保険の見直しを検討すべきです。

一人暮らしだと入院したときの生活費が気になり、医療保険を手厚くすることもあります。しかし結婚すればお互いに支えられ、補償内容を削れる部分も出てきます。そもそも夫婦で保障が重なっていることも多いため、夫婦一緒に保険の相談窓口で保険の見直しを検討してはいかがでしょうか。

ほか人が勝手に決めた保険に加入している

家族やセールスマンにいわれるがまま保険契約している人も、保険の相談窓口の利用がおすすめです。こちらの方は、セールスマンの成績のために不要な保険に入っていることも多いです。本当に必要な保険なのか、一度相談員と話し合ってみましょう。補償内容を削れることもあり、結果として大きな節約につながることもあります。

保険相談をスムーズに進めるためには?

保険相談をスムーズに受けるためには、目的が重要です。「何を相談したいのか?」「どんな目的で相談するのか?」を明らかにしてから利用しましょう。「保険のムダを省きたい」「より適した保険に入りたい」など決めておくと、相談もよりスムーズに進みます。

また保険の見直しを検討しているのであれば、保険証券も準備しておきましょう。保険証券があれば、補償内容および月々の支払い額なども明記されています。それらを元に、より適切な保険を検討できるので準備してから相談に向かってください。

もう一つ重要なのが、1回の相談で決めない、というところです。「スムーズに進めば1回で済むのでは?」と思うかもしれませんが、保険は一生に関わります。そんな大事なものを、たった1回の相談で決めるのはおすすめできません。時間はかかるかもしれませんが、納得するまで何度でも相談してください。

まとめ

保険の相談窓口の利用がおすすめの人の特徴を紹介しました。家族が増えたり結婚したり、他人が勝手に決めた保険に加入していたりする方は、一度保険の相談窓口を利用しましょう。適切な保険に加入できるようになり、保険料の節約にもつながる可能性があります。

保険相談をスムーズに進めるために必要なことも明らかにしたので、そちらも参考にしてもらえたら幸いです。とくに目的意識が重要であり、なぜ相談するのかを明らかにし、そのうえで「思っていたのと違う」「こんなはずではなかった」とならないためにも納得するまで何度でも話し合いましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

心療内科への通院歴があると、生命保険に加入しにくいと聞いたことがある人もいるでしょう。高血圧や持病と同様、精神疾患も保険会社の審査が厳しくなる要因のひとつです。ただし、心療内科への通院歴があ

続きを読む

2019年に、法人生命保険に対して「30万円特例」が適用されるようになりました。法人生命保険と30万円特例によって、会社や従業員に対する保障や福利厚生を手厚くできますが、特例の適応条件が複雑

続きを読む

医療保険・がん保険などの加入や見直しを検討するなかで、先進医療保障という言葉を耳にすることがあるでしょう。先進医療保障について漠然とイメージできる人でも、明確なイメージは持てないかもしれませ

続きを読む

保険金は一括で受け取る以外にも、受け取る方法があります。保険金のすえ置き制度もそのひとつです。すえ置き保険金を活用することで、さまざまなメリットを得られます。ここでは、すえ置き保険金について

続きを読む

就業保険は数ある保険のなかで、仕事ができなくなった時に役立つものです。それにもかかわらず意外と知らない人が多く、将来経済的不安に陥ったときに活用できずに後悔するというケースもあります。そこで

続きを読む

大雨が原因で生じる洪水、土砂災害、高潮、津波などによる被害を補償するための保険を水害保険といいます。水害保険に加入することで、自身や家族、ビジネスの財産を水害から守り、被害からの迅速な回復が

続きを読む

主婦・主夫に保険は不要と思っている方も少なくありません。しかし、主婦・主夫にもリスクがあることも事実であり、回避するためには保険が重要です。そこでこの記事では、主婦・主夫はどのような保険に加

続きを読む

共済と保険のどちらに加入しようか悩んでいる方も多いでしょう。共済と保険には違いもあり、掛け金や補償内容も異なる場合があります。今回は、共済と保険を比較しつつ違いを解説し、共済のメリット・デメ

続きを読む

  国民病ともいわれているのがうつ病であり、現在も多くの方を苦しめています。新型コロナウイルスの感染拡大で、さらにうつ病の割合は増えたといわれています。治療期間が長くなることでも知

続きを読む

保険の説明において、「返戻率」という言葉を聞くことが多いかと思います。しかし、保険を選ぶ際にはきちんと理解しておく必要があります。今回は、返戻率そのものの意味だけでなく、基本的な考え方や比較

続きを読む