保険の相談窓口を利用する際に必要になる書類とは?

公開日:2022/11/15   最終更新日:2022/11/18

保険は種類が多く、保険ごとに必要書類が異なるなど分からないことだらけです。加入手続きやプランを考えるときは保険の相談窓口を利用するものであり、そのときはどんな書類が必要になるのでしょうか。当記事では保険相談に準備が必要な書類を解説します。保険への加入を検討している方は、ぜひじっくり読んでみてください。

保険の相談窓口を利用する際に必要になる書類

シチュエーションによって必要になる書類は異なります。そこで、ここではシチュエーション別に保険の相談窓口を利用する際に必要になる書類を明らかにします。

保険の見直し相談

保険の見直し相談を行うときに必要になるのが保険証書です。保険証書には、月々に支払額や保証の内容が記載されています。それらの情報をもとに、相談窓口のファイナンシャルプランナーが適切な保険の見直しを提案してくれます。

ちなみに見直ししたい保険ごとに必要な書類はあり、自動車保険の場合は保険証書と車検証、および免許証です。火災保険の場合は建築確認済証・登記簿謄本・性能評価書であり、生命保険は保険証書、ネット保険ならMyページの画面です。

保険の新規契約相談

保険を新規に契約するための相談であれば、身分証明証(運転免許証・保険証・マイナンバーカードなど)が必要不可欠です。保険料を引き落とす銀行口座の情報や、銀行に登録している印鑑、ほかにも医療保険など告知が必要な病気を持っている場合は健康診断書が必要です。印鑑も必要ですが、簡易的な印鑑であるスタンプ印(シャチハタ)はNGとされています。スタンプ印は法的拘束力やお互いの利害が発生する契約では押せないものだからです。実印や銀行印、または認印を用意してください。

【補足】資産状況が分かる書類

必須ではありませんが、相談する保険によっては収入証明書や銀行通帳など資産状況が把握できる書類があるとスムーズに手続きが進むケースも多いです。ただ保険の相談経験はそれほど多いものではなく、どんな書類がよいのか迷うケースも多いでしょう。書類の不備がないように、まずは保険の窓口に電話をかけ、どんな書類が必要か前もって聞いておくのがおすすめです。

保険の相談窓口を利用する前に決めておくべきこと

保険の相談先を店舗にするのか、訪問型にするのか、オンラインするのか決めておきましょう。そもそも相談の種類によって、必要になる書類は異なります。たとえば店舗型の場合は保険証書が必須であり、そちらで月額の掛け金および保険の内容を明らかにする必要があります。

自宅や喫茶店などで行われる訪問型の保険相談を利用する方もいるでしょう。訪問型の場合は、保険証書とともに保険の内容に沿って必要な書類を準備してください。自宅で相談を受ける場合は、自宅内に書類があるはずなので、それほど焦って書類を準備する必要はないでしょう。必要になる書類をある程度まとめておけば問題ありません。

オンライン相談の場合はパソコンや電話などの通信機器が必要です。スマートフォンであればカメラ機能があるのでそちらからビデオ通話で対応します。一方でパソコンであれば、カメラとマイクがあるか確認し、なければ外付けのWEBカメラ(マイク)を購入して対応しましょう。オンライン保険相談の場合は、時間が限られていることもあるので必要書類は前もって確認し、手の届く範囲においた状態で相談してください。パンフレットや申込み書類はダウンロードや郵送対応になるので、そちらも合わせて確認しておくのがおすすめです。

保険の相談窓口の利用手順

保険の相談窓口を利用する際の流れを解説します。

1.予約

いきなり店舗に行って相談を受けるのは、ファイナンシャルプランナーの都合もあるので難しいです。したがって予約を入れた上で相談してください。予約は電話またはメール(WEB)などで入れられます。相談予定日や相談する保険の種類などを伝えておくと、当日はスムーズに話が進みます。

2.相談

予約できたら予約日時に相談を受けます。必要な書類等を準備し、保険相談に臨んでください。保険相談で最初に実施されるのが、聞き取りです。あなた自身がどのような希望を持っているのかをファイナンシャルプランナーが聞き取ってくれます。聞き取りが終わると、ファイナンシャルプランナーがライフプランニングの設定を行い、あなたに対し適切と思われる保険を提案してくれます。

3.比較および検討

提案してくれる保険は一つではなく、複数におよぶのが一般的です。それらの提案された保険を比較し検討して取捨選択します。もし提案された中に適切な保険がないと判断できた場合は、再度の提案を依頼しましょう。

4.契約

提案してもらったプランの中に「よい」と思えるものがあったら契約手続きに入ります。契約に関しては当日ではなく、翌日以降でも問題ありません。家に一度持ち帰って検討するのもOKです。

まとめ

保険の相談窓口を利用する際に必要になる書類を紹介しました。保険の見直しの場合に必須になるのが保険証書です。また見直しする保険によって必要になる書類も異なるので、事前に確認するのがおすすめです。保険の相談窓口の利用手順も掲載したので、参考にしてもらえたら幸いです。保険は人生を左右するといっても過言ではありません。充実した保険相談にするためにも、書類の準備は完璧にしましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

保険の相談をする際に力になってくれる保険の相談窓口。相談したいことがあるけれど、店舗に出向くのが面倒で保険の検討を後回しにしている方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、この記事では

続きを読む

保険の新規加入や見直しをしたいと思っていても、店舗まで行く時間が取れない、そんなときはチャットでの保険相談がおすすめです。しかし、チャットで保険相談なんて内容が内容だけに不安だという人もいる

続きを読む

保険は種類が多く、保険ごとに必要書類が異なるなど分からないことだらけです。加入手続きやプランを考えるときは保険の相談窓口を利用するものであり、そのときはどんな書類が必要になるのでしょうか。当

続きを読む

保険加入を検討する際は、保険の相談窓口を利用するという方は多くいます。保険の相談窓口にはどのようなメリットがあるのでしょうか。また複数の相談窓口がある場合はどのようにして選べばよいのでしょう

続きを読む

なんとなく掛けてはいるけれど、その保険が自分にあっているのか分からない、保険の選び方がよく分からない、そんな悩みをかかえている人も多いのではないでしょうか。保険の加入や見直しを検討する際に、

続きを読む

無料で保険の相談ができる保険の相談窓口ですが、いきなり相談に行ったり担当者に自宅まで来てもらったりするよりも、事前に準備をしておくことで相談がスムーズに進みます。保険の相談窓口を利用する際は

続きを読む

保険の新規加入や見直しを検討している際に、多くの方が活用しているのが保険の窓口です。ただ保険の窓口によって、対応してくれるスタッフも異なります。選び方を誤ってしまうと、自身にマッチした保険を

続きを読む

近年では、日本人の2人に1人はがんになるといわれており、死因の第一位にもなっている病気です。決して他人事とはいえない病気のため、万が一に備えてがん保険の加入を検討している方も多いのではないで

続きを読む

最近では相談や手続きがオンラインで完了するようになっており、保険の相談もオンラインで受け付けるケースが増えています。とはいえ、パソコンをあまり使わない、どのようなデメリットがあるのかわからな

続きを読む

住宅の下に備える保険なのが地震保険です。地震大国と呼ばれる日本で安心して生活していくには欠かせない保険の一つであり、近年、大きな注目を集めています。そこで当記事では地震保険の主なメリット、お

続きを読む