学資保険とは?加入する主なメリット・デメリットについて解説!

公開日:2022/10/15   最終更新日:2022/11/01

学資保険は子どもの教育資金を準備するための保険ですが、元本割れすることもあり保険加入するよりも貯蓄したほうがよいという声もあります。生命保険などと違い入るかどうか悩む人が多い保険のひとつです。ここでは学資保険に加入するか悩んでいる方に役立つ学資保険のメリットとデメリット、加入する際に注意すべきポイントをご紹介します。

学資保険とは?

学資保険は大学進学のための費用を計画的に準備するための貯蓄機能を持った生命保険です。満期は子どもの進学時期に合わせて設定します。大学は高校と比べて入学費用も高額になるので、子どもが進学したいといった大学に経済的な理由で進学させることができないということを防ぐために学資保険を活用できます。

学費保険の中にも商品によって貯蓄重視のものと保証重視のものがあるのです。商品によっては高校入学時と大学入学時など複数回給付のあるものもあります。親がもし事故にあったり病気になったりすることがあっても、学資保険に加入しておくことで子どもは進学費用の心配をせずにすみます。

学資保険に加入するメリット

学資保険と普通の貯金のなにが違うかというと、お金が積み立てられるだけではなく保証がついていることです。契約途中で親が死亡した場合はそれ以降の保険料の払い込みが免除されたり、子どもが所定の年齢になったら給付金が支払われたりします。

親が死亡すると、預貯金は相続開始と同時に凍結されて遺産分割が完了するまで引き出せなくなります。遺産分割協議が難航することで長い期間預貯金を引き出せなくなるケースもあるのです。学資保険は保険金受取人を子どもに指定しておくことで、確実に教育資金を子どもに用意してあげられます。

今は超低金利で銀行にお金を預けておいてもほとんど増えることはないうえ、普通預金はいつでも引き出せるので教育資金として貯めるはずが使ってしまったということも起こります。貯蓄を重視した学資保険であれば、支払った金額よりも多くの金額を満期に受け取れるのです。

学資保険に加入するデメリット

学資保険のデメリットは途中解約によって元本割れすることがあるということです。もともとは教育資金のためにはじめる学資保険ですが、子どもが大学進学するまでの10年~20年でさまざまな事情によって途中で解約すると、支払った金額の一部しか戻ってこず元本割れします。

加入期間が短いと支払った保険金が一切かえってこないというケースもあります。学資保険の中でも医療保障や死亡保障など保証が手厚いものや保険料の払い込み期間が長い場合、子どもや契約者の年齢が高いケースなどでも元本割れが起こりやすくなるのです。

また、学資保険として積み立てている間は自分のお金でも自分の好きに使うことはできなくなります。手元現金が減ってしまうことはシンプルにデメリットといえます。急にまとまったお金が必要になったときに普通預金であれば使えますが、学資保険になっていると使えません。

また、ほとんどの学資保険は契約時の利率で固定されています。たとえば契約当時は100万円だった大学の入学費用が、インフレによって15年後には130万円になっていることがあります。学資保険はそうした経済状況の変化には対応できない点もデメリットです。

学資保険に加入する際に注意するべきポイント

学資保険に加入する際には払戻率を確認しましょう。払戻率が100%を超えている商品であれば途中解約をしない限り損をすることはありません。また「自分は貯金が苦手」という自覚があるなら学資保険を使いましょう。

自分で計画的に資産を運用できる人にとって学資保険はあまりメリットのある商品ではありません。教育資金として使える資産が充分にある人や、学資保険以外で資産運用をしている人にも必要のない商品です。

ただ、貯金が苦手で手元にあれば使ってしまうというタイプの人にとって、ある意味強制的に貯金ができる学資保険はピッタリの商品といえます。貯金が苦手な人は「お金が残ったら貯めよう」と思っているのでなかなか貯金ができません。学資保険であれば支払いの必要なものになるため、貯金の苦手な人でもきちんと毎月積み立てることができます。

学資保険は保険会社によって、保障を重視するものと貯蓄重視のもの、受け取り方などさまざまなものが用意されています。学資保険を検討する際は、保険の相談窓口などで複数の保険商品のメリットとデメリットを教えてもらうとよいでしょう。

まとめ

学資保険にはお金が自由に使えなくなる、返戻率が高くない、元本割れのリスクがあるといったデメリットがある一方で、子どもの為に確実に教育資金を用意できるというメリットもあります。とくに自分の意志で計画的に貯蓄するのが難しいという人にはおすすめです。

学資保険に加入すべきかどうかは、世帯の収入・貯蓄状況や親の性格によって変わります。今はジュニアNISAなどより効率的に教育資金を貯める方法もあるため、自分の家庭にとってどのスタイルがベストかこちらで紹介した内容も参考に一度考えてみてください。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

心療内科への通院歴があると、生命保険に加入しにくいと聞いたことがある人もいるでしょう。高血圧や持病と同様、精神疾患も保険会社の審査が厳しくなる要因のひとつです。ただし、心療内科への通院歴があ

続きを読む

2019年に、法人生命保険に対して「30万円特例」が適用されるようになりました。法人生命保険と30万円特例によって、会社や従業員に対する保障や福利厚生を手厚くできますが、特例の適応条件が複雑

続きを読む

医療保険・がん保険などの加入や見直しを検討するなかで、先進医療保障という言葉を耳にすることがあるでしょう。先進医療保障について漠然とイメージできる人でも、明確なイメージは持てないかもしれませ

続きを読む

保険金は一括で受け取る以外にも、受け取る方法があります。保険金のすえ置き制度もそのひとつです。すえ置き保険金を活用することで、さまざまなメリットを得られます。ここでは、すえ置き保険金について

続きを読む

就業保険は数ある保険のなかで、仕事ができなくなった時に役立つものです。それにもかかわらず意外と知らない人が多く、将来経済的不安に陥ったときに活用できずに後悔するというケースもあります。そこで

続きを読む

大雨が原因で生じる洪水、土砂災害、高潮、津波などによる被害を補償するための保険を水害保険といいます。水害保険に加入することで、自身や家族、ビジネスの財産を水害から守り、被害からの迅速な回復が

続きを読む

主婦・主夫に保険は不要と思っている方も少なくありません。しかし、主婦・主夫にもリスクがあることも事実であり、回避するためには保険が重要です。そこでこの記事では、主婦・主夫はどのような保険に加

続きを読む

共済と保険のどちらに加入しようか悩んでいる方も多いでしょう。共済と保険には違いもあり、掛け金や補償内容も異なる場合があります。今回は、共済と保険を比較しつつ違いを解説し、共済のメリット・デメ

続きを読む

  国民病ともいわれているのがうつ病であり、現在も多くの方を苦しめています。新型コロナウイルスの感染拡大で、さらにうつ病の割合は増えたといわれています。治療期間が長くなることでも知

続きを読む

保険の説明において、「返戻率」という言葉を聞くことが多いかと思います。しかし、保険を選ぶ際にはきちんと理解しておく必要があります。今回は、返戻率そのものの意味だけでなく、基本的な考え方や比較

続きを読む