保険相談を自宅やカフェなどで行う際に注意するべきポイントとは?

公開日:2022/11/15   最終更新日:2022/11/18

保険の相談をする際に力になってくれる保険の相談窓口。相談したいことがあるけれど、店舗に出向くのが面倒で保険の検討を後回しにしている方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、この記事では訪問型の保険相談サービスをご紹介します。利用する際の注意点や自宅で相談するときのマナーなどを解説するので、ぜひ参考にしてください。

訪問型の保険相談サービスを利用するメリット

訪問型の保険相談サービスは、専門のスタッフさんが自宅や近くのカフェなどに来て相談に乗ってくれます。訪問型の保険相談サービスを利用するメリットを見ていきましょう。

FPから専門性の高い話が聞ける

訪問型の保険相談サービスでは、多くの場合ファイナンシャルプランナー(FP)が担当してくれます。ファイナンシャルプランナーとは、お金に関する悩みをサポートし解決のためのアドバイスをする専門家です。保険、相続、家計に至るまでお金に関するプロなので、ひとりひとりの将来設計も踏まえ、質の高い保険のアドバイスを受けることができます

移動の手間を省ける

店舗に出向く時間と手間を省略できるのも、大きなメリットです。店舗が遠方にあったり、子ども連れで店舗を訪れたりする場合など、店舗で保険相談を受けるのが面倒と思うときもあるでしょう。訪問型のサービスであれば自分が希望する場所までスタッフが来てくれるので、店舗に出向く時間と手間がかかりません。

相談から契約までその場で完結できる

保険相談をしてそのまま保険に加入できるのも便利な点です。保険の契約には、本人確認のための身分証明書や印鑑が必要になります。保険の見直しをする際は、今入っている保険の内容を確認するために保険証券が必要です。店舗に相談にいくときに必要なものをすべてもっている人は多くないでしょう。自宅や自宅の近くであれば必要なものをその場で準備しやすいので、その場で正確な現状の相談ができます。

自宅で保険相談をする際のマナー

自宅で保険相談を受ける場合、スタッフさんを家に招くにあたってどんな準備をしておけばよいか気になりますよね。自宅に来てもらうときの準備について解説します。

マナーとして余裕のある時間設定

せっかくの訪問相談の機会のため、時間には余裕をもっておくことが大切です。保険の基礎知識から教えてくれたり、家計全体から見て保険を見直したりするなど、時間がかかる場合も多くあります。時間が足りないと必要な相談がすべてできない場合もあるでしょう。もう一度来てもらわないといけないなど、二度手間にならないようなスケジューリングが大切です。

落ち着いて相談できる環境を準備する

保険相談は短時間で終わらない場合も多いので、話に集中できるような環境を心がけるのもマナーのうちではないでしょうか。説明のためのパンフレットやタブレットなどをスタッフさんがもってくる場合が多くなります。相談スペースとして机やテーブルがある部屋を準備しておくと無難かもしれません。小さいお子さんがいる場合は、お気に入りのおもちゃやDVDを準備しておくのもよいでしょう。

気遣いでお茶を準備するのがおすすめ

基本的なマナーとして、スタッフさんをおもてなしする必要はありません。しかし、相談内容によっては1時間以上話し続ける場合もあり、飲み物を準備しておくと喜ばれるかもしれません

保険相談を自宅やカフェなどで行う際に注意するべきポイント

訪問型の保険相談をするときのマナーを解説しましたが、ほかにも注意するポイントがあります。

不要な商品はしっかり断る

店舗で相談する場合、不要な商品の勧誘は「一旦家族に相談します」「自宅の保険証券と見比べてから考えます」など、その場を離れる理由があります。一方訪問型の場合は、逃げ場がないことで「断りづらい」と心配する方も多いかもしれません。万が一しつこい勧誘があって場合は「じっくり考えてからにする」「今は決められない」という姿勢を崩さないようにしましょう。あまりにも強引な営業をされる場合は、次の相談で担当者の変更をお願いするとよいでしょう。

時間帯に注意

カフェやレストランで保険相談をする場合は、時間帯に注意が必要です。ランチタイムなどで混雑している時間帯は避けることをおすすめします。店内がガヤガヤしていたり、人の動きが激しかったりして、保険相談に集中できない場合があるからです。できるだけ混雑する時間帯を避け、相談に集中できるようにしましょう。

カフェなどは隣の席との間隔を確認

カフェやレストランで保険相談をする場合は、席と席の間隔がある程度離れているお店を選ぶのがおすすめです。保険相談では、家計の状況や健康状態などプライベートな内容を話す機会が出てきます。狭い店内ですぐ隣にほかのお客さんがいると、プライベートな内容は話しづらいですよね。

まとめ

保険の加入や見直しをしたいけれど、店舗のいくのは面倒な場合は訪問型の保険相談がおすすめです。ファイナンシャルプランナーに相談できたり、店舗に出向く時間や手間を省略できたり、メリットが多くあります。自宅やカフェで保険相談をするときのマナーや注意点を参考に、疑問や不安に思っていることを相談して、しっかり解決しましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

心療内科への通院歴があると、生命保険に加入しにくいと聞いたことがある人もいるでしょう。高血圧や持病と同様、精神疾患も保険会社の審査が厳しくなる要因のひとつです。ただし、心療内科への通院歴があ

続きを読む

2019年に、法人生命保険に対して「30万円特例」が適用されるようになりました。法人生命保険と30万円特例によって、会社や従業員に対する保障や福利厚生を手厚くできますが、特例の適応条件が複雑

続きを読む

医療保険・がん保険などの加入や見直しを検討するなかで、先進医療保障という言葉を耳にすることがあるでしょう。先進医療保障について漠然とイメージできる人でも、明確なイメージは持てないかもしれませ

続きを読む

保険金は一括で受け取る以外にも、受け取る方法があります。保険金のすえ置き制度もそのひとつです。すえ置き保険金を活用することで、さまざまなメリットを得られます。ここでは、すえ置き保険金について

続きを読む

就業保険は数ある保険のなかで、仕事ができなくなった時に役立つものです。それにもかかわらず意外と知らない人が多く、将来経済的不安に陥ったときに活用できずに後悔するというケースもあります。そこで

続きを読む

大雨が原因で生じる洪水、土砂災害、高潮、津波などによる被害を補償するための保険を水害保険といいます。水害保険に加入することで、自身や家族、ビジネスの財産を水害から守り、被害からの迅速な回復が

続きを読む

主婦・主夫に保険は不要と思っている方も少なくありません。しかし、主婦・主夫にもリスクがあることも事実であり、回避するためには保険が重要です。そこでこの記事では、主婦・主夫はどのような保険に加

続きを読む

共済と保険のどちらに加入しようか悩んでいる方も多いでしょう。共済と保険には違いもあり、掛け金や補償内容も異なる場合があります。今回は、共済と保険を比較しつつ違いを解説し、共済のメリット・デメ

続きを読む

  国民病ともいわれているのがうつ病であり、現在も多くの方を苦しめています。新型コロナウイルスの感染拡大で、さらにうつ病の割合は増えたといわれています。治療期間が長くなることでも知

続きを読む

保険の説明において、「返戻率」という言葉を聞くことが多いかと思います。しかし、保険を選ぶ際にはきちんと理解しておく必要があります。今回は、返戻率そのものの意味だけでなく、基本的な考え方や比較

続きを読む